2008年07月24日

求職活動の実績を作ろう


 失業の認定を受けるためには求職活動の実績が必要です。これは、失業保険の給付を受けるためにも必要な手続きです。

 失業の状態でいると認定されるためには積極的な求職活動が必要です。ただ求職活動といっても具体的にどの程度の活動が求職活動に規定されるか分かりますか?ハローワークでは以下のように定義されています。

失業の認定における求職活動実績に該当するもの@
・求人への応募
・公共職業安定所が実施するもの
@求職申込み、職業相談、職業紹介等
A初回講習、就職支援セミナー、求人説明会、管理選考等

失業の認定における求職活動実績に該当するものA
・再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験
・許可・届出のある民間機関が実施するもの
@求職申込み、職業相談、職業紹介等
A求職活動方法などを指導するセミナー等


失業の認定における求職活動実績に該当するものB
・公的機関等が実施するもの
@独立行政法人雇用・能力開発機構が行うキャリアアップ・ガイダンスへの参加、
 キャリア・コンサルティングでの相談
Aキャリア交流プラザ事業における就職支援セミナー、経験交流への参加
B職業相談
C個別相談が出来る企業説明会
D地域雇用開発促進法に基づき都道府県が策定する地域求職支援活動援助計画に盛り 込まれた地域就職援助団体等が国の委託を受けて行う職業講習、企業合同説明会等 への安定所の助言指導による参加
E離職前の事業主が、再就職援助をして行う職業相談、職業紹介等


 これらの活動を、初めての失業認定前に3回以上、2回目からは2回以上行うことが必要です。ですので、定期的にハローワークに行って、失業相談、面接を受けることが一番の近道ですよ。
posted by 失業なんか怖くない! at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハローワークでの就職活動対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17285282

この記事へのトラックバック